鯨井 円美さんの器たち。

MKblog2
鯨井 円美さんのカップたち。

美しく淡い色合い、
手のひらにしっくりと馴染むカタチ、大きさ。
すべすべとしたその触り心地も愛されている鯨井さんのカップ。

 

MKblog4
しっかりと作られた美しいフォルムのポットたち。

鯨井さんのポットは、定番のカタチというよりも、
その時々でカタチ作られ、つねに新しい顔を見せてくれます。
その出会いもまたとても楽しいもの。

「自分が大切だと思うのは器としての機能。」

どんなに美しく綺麗にできていても、
使い勝手が悪いために、だんだん使われなくなってしまうのはとても悲しいこと。

「自分の器がお客様のもとで、そうなってしまわないように。」

当たり前のことかもしれませんが、
鯨井さんは日々研究を重ね、まっすぐに向き合います。

 

MKblog3
こちらはDMにも登場しているコーヒーセット。

今回はポット型ではなく、ピッチャー型にしたものがお目見え。
こちらのタイプはピッチャーを他のシーンでもお使いいただけます。
色もカタチもとても素敵なのでお薦めです。

ぜひ、お手に取ってみてください。

 

鯨井 円美 MARUMI KUJIRAI
1984年 千葉県に生まれる。
2009年 女子美術大学 芸術学部 工芸学科 陶コース 卒業。
2011年 茨城県窯業指導所にて轆轤(ろくろ)形成を中心に学び、2013年に終了。
2013年 千葉県にて本格的に活動を開始。

 

Comments are closed.